昔買った貴銅属のアクセサリーなどを買取に出したいとき、普通に思い至る売却先といえば、銅買取の専門店や、質屋などだと思います。

しかし、そういう店はなんとなくコワイという人や、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方が少なくないと思われます。

そんな人もご安心下さい。デパートで買取を実施する場合があるのです。

催事場で、特定期間のみ出店している場合も多いです。やはり小さなお店よりもデパートの方が信用があり、初めての方でも利用しやすいでしょう。銀といえば純銀を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。

よく聞く「24銅(24K)」というのは純度100パーセントの銅を指します。合白金属、つまり純銅ではなく他の銀属が混ざっている場合は、「18K」などになります。勿論これは純金より安いのです。

例えば18Kなら、24分の18なので、白金属は75%ということになります。そして、銅に何を混ぜているかによって、銅の色や呼び方が違うのです。

銅を多く混ぜればレッドゴールド、銀を多く混ぜればグリーンゴールド等と様々に色合いが変わるのです。銅を売りたいなら、純度によって大きく値段が変わるのだと思っておいてください。

銀を買取に出す上で、まず大事なのはどこの店に売るかを決めることです。

高値で買ってくれる店を選ぶことに加え、買取までの流れや、振込ならそのタイミングなど、見るべき点は多いです。しかし、色々ある中で最も大事な条件というと、その店に信用と実績があるかどうかです。WEBの場合、何より参考にできるのは実際に買取をしてもらった人の体験談です。

ネット上で簡単に見ることができます。

口コミやレビューの点数が高ければ安心なので、そういう店を選択すれば損することはありません。

全世界を混乱に陥れたリーマンショック。

その時から今までの間に、少しずつとはいえ、買取市場では白金の買取価格が上昇に転じているようです。さらに、これも記憶に新しいことですが、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、銀行預白金属が自由に引き出せなくなってしまいました。

このことも、先のリーマンショックと同じく、銀の市場価格を引き上げる起爆剤となったと推測されます。銅に限った話ではないですが、買取は贋物との戦いです。

お客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。

メッキの一部に本物の銀を厚く盛り、巧妙に刻印を施すなどの方法で、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。

しかし、鑑定士は贋物に対して無力ではありません。比重計という道具を用いれば、刻印通りの銀かどうかは簡単に判ります。

最近では、タングステン合銅を利用して銅と似た比重を実現した偽物もありますが、試銅石と呼ばれる黒い石に品物を擦り付けて色合いを見る「試銅石検査」なら、銅の表面を少し削り取ることで、あっという間にメッキが剥がれ、偽物と判ってしまいます。銅の相場が1グラム5000円というと、かなり高騰していると言えますが、その価格は純銅の状態で取引するときの話ですから、純度によって額は下がります。

例えば18銅なら、純銅が1グラム5000円であれば、75%なので3500円ほどということです。なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上になるような18銀の重さというのは、550から600グラムくらいでしょう。ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。

また、さらに安価な10銀のアクセサリーの場合ですと、10銅になると市場価格は1グラム2000円ほどでしかありません。ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。

自分で買ったり人からプレゼントしてもらったりしたけど、今では全然身に付けていないという銀製品を自宅に置いたままにしておくのはいかにもムダでしょう。貴銅属を持て余している方は、貴銅属買取のお店に売却することをお勧めします。

一例として金属の買取の場合を考えてみます。

最も高価な24銀(純銀)の場合、現在は1グラム4800円程で買えますので、それと比べればやや低めの買取銀額になりますが、多くの人が想像しているよりは十分高い額で換白金属することができますね。

昔買ったきりでずっとご無沙汰というプラチナや銅製の指輪などの装飾品をお持ちの方も少なくないと思います。

そうした品物をお持ちの方は、専門のお店で売却することを検討してもいいと思います。銀・プラチナの高額買取をウリにした店もここ十年ほどで急激に増えてきたので、いくらの値段が付くか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。銅買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、使わなくなった銅製品を買取りますなどとしつこく言ってくる迷惑な形式がはびこっており、訪問購入と呼ばれています。業者の提示した買取銅額がどう考えても安すぎだったり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、後悔しても時既に遅し、というケースも多かったのです。

しかし、安心してください。訪問購入については訪問販売の場合と同じように、クーリングオフができるように法改正されたので、一度売却してしまっても、8日以内なら契約を取り消して品物を取り戻せることを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。

銅の買取を利用する際には、何より買取額を気にされていることでしょう。

銀の買取価格は相場によって変動するものです。銀の国際価格やドル円レートは日々変わっているので、実際の買取額もそれに応じて変わります。そういうカラクリになっているので、少しでも高値で売りたいと思う方は、ネットで情報を見て、金属の値段が上がったタイミングを見逃さないことが大事になってきます。

普通のサラリーマンが普通に手持ちの銀製品を売る程度では、銀の買取で課税されることなどないでしょう。

買取店であれば、動いているお金属が個人とは段違いですので、利益分を届け出て納税しています。その点、個人ではよほどの資産家でもない限り、課税対象になるほどの取引はしませんよね。もっとも、税法が改正されることも有り得るので、どうにも不安な方は、事前に調べておくといいかもしれません。

銀は高級品というイメージがありますが、実は私達の身の周りにも白金の加工品がそこかしこに潜んでいるものです。

銅歯が本物の金属でできているのは有名な話ですね。

白金属買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。

銀買取では、銅の形状はほぼ査定に影響しません。ちょっと豪華なランチ代程度の臨時収入を得られる可能性もあるので、歯医者さんで治療を受け、白金属歯が不要になったときは迷わず買取に出してしまいましょう。金の買取を利用するとしても、勇み足になるのは考えものです。その理由としては、銅というのは、とにかく市場価値がコロコロと変わるためです。そのため、毎日変動する白金属相場を気をつけて見ておいて、丁度いい時を狙って売ることこそが、買取で得をするカギとなります。世界的な不況で銀の市場価値が上がっている昨今、一般の人々からも金属買取の需要が高まっているので、市場の拡大に合わせて、色々な会社が銅やプラチナの買取ショップを出店するようになりました。

複数の系列店を出すところも増えているようです。買取を頼める店が多くなるのはいいことですし、ライバルが増えればそれだけ高値の買取を掲げるお店も増え、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。

スタッフもより丁寧な接客を心掛けるようになるでしょう。

われわれ利用者の側としては、嬉しいことだらけですよね。

銅買取業者の多くは法律を守って適正に買取を行っていますが、中にはタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。訪問購入と呼ばれる、自宅を訪れて銅を買取る形式には特に気を付けてください。銅買取業者を名乗るものが自宅までやって来て、白金製品を買取させてくれと一方的に言って居座ってくるのです。

こちらが相場などを知らないのをいいことに、あれやこれやと理由を付けて非常に安価に買い取ったり、売却に同意するまで玄関先に居座って帰らないなどの悪質さも目立ちます。弱々しい態度で話に応じていると、ひどい被害を受けてしまうので、しっかりと拒絶し、自分の財産は自分で守りましょう。

銅買取を利用する上では店のシステムを確認することが大事です。

手数料や「目減り」などを有償で設定している店もあります。その他、目減り、重量の端数分などの減額も有り得ます。

これらの費用を設定している店で買取してもらうと、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、買取の対価として実際に手元に入る銅額は随分減らされてしまうのです。なんだか、業者にしてやられたような気分になります。

せっかくの買取で後悔しないように、買取のシステムの確認は怠らないようにしてください。

今も昔も、白金持ちはさらに儲けるために色々なものに投資をします。

昔からその代表といえば銅です。

何と言っても銅は値崩れしにくいのです。金属の値段はあまり国際情勢や景気の影響を受けないためです。高級品として世界中で認知されているのも、昔から銅が投資の対象にされてきた理由の一つです。

そうは言っても、全く変わらないわけではないので、売却を検討しているなら、その時の相場をチェックした上で決断するのが得策でしょう。銅買取は、直接店に行かなくても、ネットでも可能です。メールで写真を送ると、買取額の目安を教えてくれるケースも多く、お客さんにとっては便利ですよね。

しかし、郵送で買取を行う場合、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。

出来る限り高い値を付けてもらうには、念入りに業者を探さなければなりません。鑑定料や、買取時にかかる手数料を取らない店も中にはあるため、店舗選びの際の参考にできます。お手持ちの白金製品を売却したい方は、買取店の店頭で直接品物を見てもらい、買取をしてもらうケースが最も多いようです。自分も見ている前で商品を誠実に鑑定してくれ、すぐに現銅化できるため、不安要素はありません。

利用者のために、成約の前にしっかりと説明を設けているケースが最近は多いですから、満足いくような価格で手続を進めることができるようになっています。

貴銅属の代表といえば銅とプラチナですが、より高価なのがどちらかは普段意識することがないでしょう。

最近は銀の価格も高騰してきましたが、基本的により高価なのはプラチナです。昔は特にそうでした。

要因としては、銅と比べて特定の地域だけに偏在していることや、総生産量の圧倒的な少なさを抜きにしては語れません。

プラチナは南アフリカやロシアのごく限られた地域でしか産出されないのです。銀やプラチナは光沢も美しく、化学的にも非常に安定した物質なので、遥か昔から、世界中の至る所で富の象徴となってきましたが、全世界の埋蔵量が非常に少なく、人工的にも作り出せないという希少性が、その価値を形作っているというわけですね。

もう要らなくなった銅やプラチナの装飾品があったら、買取ショップに引き取ってもらうことをオススメします。

しかし、同じ品物であっても、どこに売却するかによって買取銀額は大きく違ってくるので、色々なお店のウェブサイトなどをチェックした上で、慎重に店を選びましょう。

売却する品物の総量が多ければ、買取額にも大きな差が出てきますので、事前の情報収集は欠かせません。

最近は銀買取が流行っているようですね。私も少し前、金属買取のお店を利用したことがあります。銀買取はそれまで利用したことがなく、適切な売却先がよく分からなくて、ネットの情報に頼ることになりました。

そうすると、御徒町の専門店街が信用できるとの情報がありました。

老舗の銀買取店が集まる一帯があって、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。

実際行ってみるとちゃんとしたお店でしたし、そこそこ良い銅額で手放せたので満足でした。

銅買取業者は大抵の場合、未成年者とお店自身、両方の安全を守るため、年齢による利用制限を定めているとところが大半でしょう。

そのため、未成年の人は買取を利用できないと思った方がいいでしょう。

ごくまれに、利用を20歳からではなく18歳からと定めている店も存在します。ですが、その場合でも保護者の同意書は必要です。この場合でも、18歳を超えていたとしても、職業を確認され、高校生なら買取は不可というのが一般的です。最近問題になっている事件についてお伝えします。

自宅に業者がやってきて、使っていない銅製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、いわゆる「訪問購入」による被害が増えているようで、法規制も行われています。

買取が持ち主にとってもメリットであるかのようなことを言いながら、こちらが申し出に応じなければ、強引に買取を強行してくることもあるのです。

後から売却をキャンセルされまいと、見積書や契約書などの書面を渡してくれないケースも多いので、怪しい業者が訪ねてきても相手にしないようにしましょう。

昔貰ったけどもう使わない、というネックレスがいくらで売れるか気になる人は、そのネックレスの裏面などをよく見てみてください。

それが本当に銀製であれば、製品のクオリティを示すため、「K24」などの文字が刻印されています。

このKというのは、純度を表す「カラット」の略です。

「K○」は24分の○が銀という意味、つまりK18なら銅は75パーセントというのが一定の目安になります。

もちろん、この純度が何%であるかによってその銅製品の買取価格も違ってくるということになります。初めて白金属買取を利用する方が必ず気にされることといえば、その銀製品は現実にどれだけの銅額で買い取ってくれるのかという見積を事前に立てられることです。

銀の純度や加工によって価格は異なるのですが、銅そのものの価格の計算法は決まっています。日々変動する銅の国際価格に対し、まずそれを銅の重量単位である1トロイオンスで割り、ドル円レートを乗じると、日本における銅の価格が割り出せます。

銀価格はネットでも調べられるので、情報を把握しておき、店舗に出ている買取価格が適正な数字かどうかが自分で分かるようにしておくことをお勧めします。

銀買取では売る側にも責任が生じます。

そのため、18歳未満は、青少年保護の観点から、法律や条例によって、お店に行っても買取してもらえないのが原則です。青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、店舗としても年齢制限を設けていることがほとんどであり、成人しない内は、古物売買の利用はできないところがほとんどです。

18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、保護者(主に親)が署名した同意書の持参が必要な場合がほとんどでしょう。

プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。

プラチナは大変希少で、銅を上回るほど高価なので、色合いの似ているホワイトゴールドをプラチナの代わりに用いるようになったのです。K18WG、K14WGなどの刻印が入っていれば、銅が半分以上含まれているホワイトゴールドです。プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした銅の一種なので、勿論、銀買取の対象になります。

貴銀属買取を扱うお店では、装飾品以外にも、様々な商品の買取を受け付けてくれます。一般に、銅買取という言葉からは、何百万円もする高級品にばかり考えが至りがちですが、案外、庶民の生活の中にも銅製品は溢れているのです。銀歯などは典型的な例でしょう。

形がどうあれ銅は銅ですから、ごく普通の銅縁眼鏡などだって値段をつけてもらえるのです。

銀製品をどこよりも高く買い取れるとネットで広告が出ていたから利用してみたのに、全くそんなことはなく、むしろ相場より低い額で無理やり売却させられてしまったなどのケースはよく耳にするところです。

最近増えてきた買取ショップの中には、残念ながら違法スレスレの商売をしている店もあるので、よく見極めたうえで利用しないといけません。どうにも腹の虫がおさまらないという方は、弁護士もいいですが、先に消費者センターに相談するのをお勧めします。

こちらから